いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。
「ひょうたん屋トップページ」へ             ■お酒は20歳になってから・・・・・「未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。」               

トップページ食品・飲料・他ページ地サイダー>大阪ラムネ

大阪ラムネ

大阪サイダーでヒットを飛ばす大川食品工業の”ラッパ飲み飲料”

大阪ラムネ バナー
大阪ラムネ製造元:大阪市港区市岡3-5-21 大川食品工業株式会社

大阪サイダー バナー
◆姉妹品の大阪サイダーはこちらのバナーをクリックしてください。


大阪ラムネ200ml(30本入り)2ケース単位で送料無料です。
また、大阪ラムネ200ml(30本入り)1ケースと大阪サイダー330ml(24本入り)1ケースの
組み合わせも送料無料です。
(※北海道・沖縄は別途送料+500円(税別)かかります。)


※当店のショッピングカートシステムでは2ケースご購入時でも
送料が自動計算されますが、後ほど送信する「受注確認メール」
送料無料(
北海道・沖縄除くとさせていただきます。

■大阪サイダーの姉妹品 大阪ラムネがデビュー!
 昭和レトロなイメージラベルをした大阪サイダーを四半世紀ぶりに復活発売させて話題を掻っ攫っている大阪市港区の飲料メーカーの大川食品工業が、姉妹品として発売したのがこの大阪ラムネです。(平成20年初めより正式発売)

 大阪ラムネには2種類の容器があります。@グリーン瓶の”GLラムネ”と言われる飲み口部がプラスティックねじ栓になっている瓶ものと、Aペットボトルタイプの”PETラムネ”がありますが、レトロ趣味の当店ではこのGLラムネ瓶のみ扱っています。

 メロンの様な香味を放つ大阪サイダーに対してこちらの大阪ラムネはライム系のシャキッとした爽快な香味が特徴。是非、ありとあらゆるシーンで堂々とラッパ飲みして下さい。

 ラムネは、平成の世でも唯一ラッパ飲みが世間で公認されている飲料です。そのビー玉入りの独特の瓶姿から奏でられるビー玉の着音と爽快な炭酸のシュワシュワ感とフレーバーの香味は当に文化ですね。


◆意外と知らないラムネとサイダーのお話

【ラムネとサイダーの違いは?】 
 液体の製造時の原料と香味に大差はないのですが、容器(瓶姿形状)の違いです。ラムネはビー玉が入っていますがサイダーは入っていません。(玉栓と王冠の違いです。)

【ラムネの語源はレモネードが訛った?】
 ラムネは慶応元年(1865年)に長崎の藤瀬半兵衛が「レモネード(レモン水)」を売り出しましたが、口コミでレモネードが訛り → ”レモネー” → ”ラムネー” → ”ラムネ”と呼ばれて定着するようになったようです。

【ラムネとして発売された日が記念日】
 口コミから訛って”ラムネ”と呼ばれるようになってから初めて”ラムネ”という商品名が登場したのは、明治5年(1872年)5月4日のことで、東京の千葉勝五郎が製造販売しました。そのため5月4日は「ラムネの日」と制定されています。

【ラムネはどこから来た?】 
 
ラムネの元の語源のレモネード(炭酸系レモン水)は、嘉永6年(1853年)に浦賀へ来航したペリーが日本へ持ち込んだのが日本初登場という説が有力ですが、最近では、天保3年1832年に訳された医学書「居家備用」高野長英(訳)(シーボルトの鳴滝塾で蘭学医術(オランダ医学)を学んだ江戸時代の学者)では、「ソーダ水は腎臓結石によい」と訳されていることから、出島のオランダ商館経由でペリー以前に長崎に持ち込まれていた可能性があるとも云われています。
 
なお、ペリーが持ち込んだレモネードはアルコール分を含んでいたようで、瓶形はキュウリの形をした瓶にコルク栓がしてあったようです。船上に招かれた幕府要人は歓迎でレモネードを開栓された際の音を発砲音と勘違いし刀を抜きかけたという逸話も伝えられています。

【ラムネ瓶は誰が発明したの?】
 
ラムネ瓶は、それまではキュウリの形をした瓶にコルク栓をしたものが主流でしたが、
1872年(明治5年)に英国人ハイラム・コッドが発明し「コッド瓶」と呼ばれ、1887年(明治20年)には日本にも輸入されていました。
 1888年(明治21年)に「コッド瓶」の特許が切れた時、以前から「コッド瓶」に興味を抱いていた大阪の徳永玉吉(徳永硝子の創業者)が約5年の歳月をかけて日本で最初の「コッド瓶」を完成させて、”ラムネ瓶”として量産を開始しラムネ普及に貢献しました。

【因みにビー玉のお話】
 ラムネには、瓶を造る時に中のガラス玉を選別する際『エー玉(A級玉)』と言われる丸い精度が高いものが入れられており、それ以外が『ビー玉(B級玉)』と言われる語源説と、ポルトガル語のガラス玉(ビードロ)からの語源説があります。


【サイダーの語源は?】
 サイダーはcider(英/サイダー、仏/シードル)が語源ですが本来の意味はリンゴ酒です。
リンゴ果汁醗酵前の香味がサイダーの香味に似ていたからという説と、初期のサイダーに使われていたリンゴ系香料でシャンパンとシードルをミックスした様な香りの”シャンペンサイダー”と言う香料名が略されたという説があります。
 因みに”サイダー”と呼ぶのは日本と韓国だけで、英語圏ではsoda pop、オランダ語圏ではsodaとなります。

【サイダーはどこから来た?】 
 サイダーはノースレーという英国人が明治元年(1868年)に横浜居留地でレモネード、ジンジャーエール、ミネラルトニック、シャンペンサイダー等の炭酸飲料の製造販売を始めたのが最初です。
 ノースレーは、文久3年(1863年)に横浜でノース・アンド・レー商会という薬局を開業し、横浜居留地で外国人向けに薬品等を販売していましたが、外国人の要望に応えて清涼飲料水の製造を始めたようです。
 その後、この清涼飲料水部門をヒットさせたノース・アンド・レー商会は、清涼飲料製造用の機械、びん、香料、酸等の原材料を多く輸入して、日本各地へ清涼飲料水の普及させました。代表例が三ツ矢サイダーの前身
明治17年(1884年)開業の摂津の国平野郷で三菱鉱泉平野水、明治32年(1899年)開業の横浜の金線サイダーなどがあります。
 そのためノースレーは「わが国での清涼飲料水製造元祖とも呼ばれる英国人ノースレー」と讃えられています。
(社)全国清涼飲料工業会より情報提供
 
 

 

大阪ラムネ 200ml瓶 バラ単位

大阪ラムネ200ml

■バラ1本単位からご注文はこちらからどうぞ。

■大阪サイダー 200ml
●品種/清涼飲料水(炭酸飲料)
●原材料名/砂糖、ぶどう果糖液糖、酸味料、香料
●産地/
大阪府大阪市港区市岡
★価格
200mlサイズ1本 105円(税別、送料別)

※お買い物ページで税込価格が表示されます。

※空瓶は各自で処理願います。

◎好評入荷しています。

■お問い合わせ(フォーム) ■メール ■お買い物ページへ

 

 

大阪ラムネ 200ml瓶 1ケース(30本入り)

 

大阪ラムネ(200ml×30本入り)×1ケース
※空瓶は各自で処理願います。

 

■1ケース(30本入り)単位のご注文はこちらからどうぞ。

■大阪サイダー 200ml 1ケース30本入り 3,143円(税別、送料別)

※お買い物ページで税込価格が表示されます。


■お問い合わせ(フォーム) ■メール ■お買い物ページへ

 


■大阪サイダーは
2ケース単位でお買い上げの場合送料無料
(※但し、北海道・沖縄は別途送料+500円(税別)かかります。)
となりますが、

3ケースの場合は1個口分の送料がかります。偶数単位は送料無料となります。
例)4ケース送料無料、5ケースでは1個口分の送料がかります。

※また、カートでは無料表示となりますが、「受注確認メール」で1個口分の送料を加算させていただきます。

<※2ケース単位は重ねますので、ギフト対応は不可です。>

※当店のショッピングカートシステムでは2ケースご購入時でも
送料が自動計算されますが、後ほど送信する「受注確認メール」
送料無料(
北海道・沖縄除くとさせていただきます。

但し代金引換の場合は代引き手数料が別途(+324円)がかります。



◎大好評!懐かしい香味をお楽しみ下さい。

■お買い物は、下記のバナーから詳細ページへお進み下さい。


HYOTANYAMA CIDER 330ml瓶 TOPバナー


★ギフトに最適な「地サイダー10撰セット」
地サイダー10撰セット バナー

★各種地サイダーのお買い物と詳細ページは下記のバナーをクリックして下さい。


 

三島シトロン バナー

神田葡萄園マスカットサイダー バナー

オリツルサイダー バナー

大阪サイダー バナー

ラッキーサイダー バナー

桜川サイダー バナー

ありまサイダー バナー

スワンサイダー バナー

謹製サイダー バナー

バンザイサイダー バナー

温泉レモード バナー


■下記はメーカー製造終了の終売商品です。


◎弘前のご当地飲料 朝日サイダー ◎岐阜県養老郡 渇Y野鉱泉の養老山麓サイダー
朝日サイダー バナー 養老山麓サイダー バナー
 

 

 

大阪もん(大阪産品)バナー