メインイメージ

泡盛(あわもり)

泡盛について

■泡盛の歴史 
 泡盛は、15世紀の初めにシャムの国(タイ)より入ったラオロンが祖と言われています。それから泡盛は、琉球の特産品として各国王の贈答品や、江戸の将軍への上納品として重宝されました。琉球王朝時代は、製造も琉球王府管理のもとに厳しく管理され、首里の城下町、崎山、赤田、鳥堀の三箇所のみでしか醸造が許されませんでした。そして、明治時代に琉球から沖縄県になってから、民間でも泡盛が作られるようになり、泡盛酒屋の数も増え現在は、ブームを迎えています。

■泡盛の由来
 琉球から将軍家へ献上された品物の目録をみると、正保元年(1644年)に「焼酒」となっていましたが、寛文11年(1671年)から泡盛酒と呼ばれるようになったことがわかります。元来沖繩では酒のことを「サキ」と呼んでいました。 一説によると粟で「サキ」を造っていたから「粟盛」となり、これがあとに「泡盛」となったと言われます。しかし、東恩納寛惇氏は、前述の「泡盛雑考」の中で、泡盛という名称は原料が粟だったからというよりも泡の形状から出た名称であるとする説の方が穏当のようだと述べています。

■酒税法上は「焼酎乙類」
 また、泡盛は酒税法上「焼酎乙類」に分類されています。原料に米を使用しているので、米焼酎に分類されています。しかし、泡盛と他の米焼酎とは製造上の違いがあります。その違いは、泡盛が全麹の黒麹菌を使うのに対し、米焼酎は白こうじ菌を使用している点。その他、泡盛は通常、原料米にタイ米(インディカ種)を使用している点も大きな違いになっています。
                                                               
沖縄県酒造組合連合会HPより参考に

本場泡盛  瑞泉 43度 1800ml

◆長期熟成古酒43度の味わい

■銘柄の由来
 瑞泉酒造株式会社は明治20年(1887年)5月1日に創業。その昔、琉球王朝は高い品質を保持するために、三箇と呼ばれる首里の城下町、崎山・赤田・鳥堀でのみ泡盛の醸造を許して厳しい管理の元におき、伝統の味を守り続けてきました。その首里の銘酒“本場泡盛瑞泉”は創始者であります喜屋武幸永が名付けたものであります。
 
 かつて首里城内の第二門に登る石段途中にこんこんと湧き出る泉があり、正式名は「瑞泉」でありますが、水は、龍頭を形取った樋口からでてくるので通称「龍樋」とよばれています。その泉からながれる水は清冽そのもので、周囲には泉を讃えた碑文数本建てられていたようです。さて、喜屋武氏は首里三箇村崎山の焼酎職の家の三男に生まれ、成人して酒屋として分家するときに「瑞泉」の碑文の中の
 「中山第一」:泉の水が量・質ともに中山第一の泉という意味。
 「源遠流長」:源遠ければ流れ長しで、水の尽きないことを表現。
 「飛泉漱玉」:泉の水が玉を漱うように勢いよく飛び散っている。
 「霊脈流芬」:よい泉の水はよい香りがあるの意味。等に感銘を受け、この清らかな泉のように清冽で芳醇な酒造りをめざし、また伝統ある泡盛造りがますます発展し、代々永く受け継がれていくように願い、この泉に因んで銘柄に“瑞泉”と命名したといわれています。

  瑞泉酒造株式会社ホームページより

 この43度は8年古酒で格甕貯蔵による芳醇な香り、深いコクとまろやかな味わいは稀少価値の高い古酒泡盛の逸品です。
本場泡盛  瑞泉 43度 1800ml
1800ml 入荷
  • ■本場泡盛
  • ●アルコール分/43%
  • ●原材料名/米、米こうじ
  • ●産地/沖縄県那覇市首里崎山町
  • ★1800ml=2,840円(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◎好評入荷しています。

本場泡盛  菊之露 30度 1800ml

◆情熱の赤いラベル30度

■銘柄の由来
 中国の伝説で孝行息子がいて、母が病に倒れたとき万病に聞くといわれる泉の水を毎日汲んで母に飲ませたところ、母の病が治った。その泉のことを菊の露という。菊の朝露、菊の枝からこぼれるしずくは不老長寿の泉である。それにちなんで名づけたそうです。

■菊之露のふる里(宮古島)
 沖縄本島から南に300km離れたところ浮かぶ美しい島=宮古島。 その北西部の平良市に「菊之露酒造」はあります。周囲を美しい海と緑に包まれ泡盛り醸造には抜群の自然環境、いつまでも居てたい景観の中で「菊之露」は醸造されています。

 原料や製法にこだわり、一切の添加物を加えず天然の材料だけで仕込まれる「菊之露」は、宮古島だけならず本島でも大人気の銘柄のひとつです。アルコール度数を感じさせないまろやかさ、南国の芳醇な香りとコクのある味わいが特徴。

本場泡盛  菊之露 30度 1800ml
1800ml 入荷
  • ■本場泡盛
  • ●アルコール分/30%
  • ●原材料名/米、米こうじ
  • ●産地/沖縄県平良市(宮古島)
  • ★1800ml=2,000(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◎好評入荷しています。

残波 白 25度 1800ml

◆沖縄でも当店でも大人気のザンシロ

■銘柄「残波」の由来
 残波醸造元の比嘉酒造は、中頭郡読谷村にあります。読谷の景勝地と云えば残波岬。この残波岬に打ち寄せる波が作り出す勇壮な光景を見て「この波のように力強いお酒を造りたい!」という願いを込めて名づけられた美酒です。

 アルコール度数25度のマイルド系で香りも高く呑み易さピカイチの泡盛です。残波の白ラベル、略して”ザンシロ”と言われて親しまれています。
残波 白 25度 1800ml
1800ml 入荷
  • ■本場泡盛
  • ●アルコール分/25%
  • ●原材料名/米、米こうじ
  • ●産地/沖縄県中頭郡読谷村
  • ★1800ml=2,360(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◎好評入荷しています。

営業日

カレンダーマーク1定休日
カレンダーマーク2イベント開催日
ネットでのご注文は年中無休・24時間受付しています。返信メールは9:00~18:00の間で返信させていただきます。定休日は毎週月曜日、他となっています。詳しくはカレンダーをご覧ください。

お支払い方法

銀行振込 郵便振替 代金引換 コンビニ カード

専用箱

1800ml、900ml、750ml、720mlともに3本以下の発送には専用箱が必須となりました。 1800ml、900ml、750ml、720mlを1本~3本、又は3本以下の組み合わせでご注文の場合、ご自宅用でも、破損率が高くなりますので宅急便規格輸送カートンでの発送が必須となりました。4本以上の場合、ダンボール(無償)で発送致します。破損事故防止のためご了承下いますよう宜しくお願い致します。

専用箱価格例

日本酒・焼酎・旭ポンズ
1800ml用
1本用
184円
2本用
281円
3本用
370円
日本酒・焼酎
900ml、750ml、720ml用
1本用
151円
2本用
216円
3本用
309円
※価格は税込みです。

基本の商品梱包について

100サイズが基本サイズです 常温便、クール便とも時の縦×横×高さの合計が100cm以内での発送となります。
1800ml瓶6本、720ml瓶の場合は12本まで=100サイズ
商品ご注文時に2個口になる場合 例:1800ml瓶で7~8本=120サイズ
常温 100サイズ+100円 クール 100サイズ+200円

送料

北海道:1,500円東北:900円関東・信越:800円中部・北陸:700円近畿:650円
大阪府下:630円中国:700円四国:700円九州:800円沖縄:1,500円
お支払い方法・送料について詳しくはこちら 〉