• 呉春シリーズ 大阪・池田の銘酒「呉春」
メインイメージ

呉春(ごしゅん)呉春株式会社
大阪府池田市綾羽一丁目二番二号
【大阪北部地震について】

「呉春」を醸す呉春株式会社

【池田酒の栄枯盛衰】 
 池田の町には、今では「呉春」と「緑一」#1の2軒の酒蔵しかありませんが、江戸中期には下り酒#2(江戸積み酒)の銘醸地として、最盛期には38軒の酒蔵がありました。
 その最盛期であった江戸中期の池田酒発展には、池田の酒造りの祖と云われる満願寺屋がいち早く手に入れた「酒造御朱印」(酒造免許)のお陰と言われています。「御朱印」を授かった特例池田の町には、酒造業者が増え当時甘口の酒が台頭していた元禄の世に、猪名川の水を仕込み水にして醸したスッキリした味わいの池田酒は”辛口”と評されて、たちまち盛況となり自信を持って徒歩で江戸に売り込みに行ったところ大盛況となり、次いで馬、廻船と搬送石数を増やし、あっと言う間に「池田酒」はお隣の町で「丹醸酒」を醸した伊丹と並んで江戸下り酒(江戸積み酒)の銘醸地としての地位を確立しました。
 その後、安永5年(1776年)満願寺屋の失脚とともに「御朱印」は取り上げられ、宮水の発見されたより辛口酒を醸すことの出来る灘にその江戸下り酒(江戸積み酒)の銘醸地としての地位を譲ることとなりました。

#1(「緑一」は現在自醸していません。) #2(下り酒とは当時は今とは逆で朝廷のあった京都へ行くのが上京であり、江戸は下りとされていたため。)

【池田の町に呉春現る】
 司馬遼太郎の「天明の絵師」の主人公である松村月溪(1752年~1811年)が、愛妻を亡くした傷心で池田の町に移住してきたのが天明元年(1781年)のこと。翌年の春に近くの本養寺を訪れて、何やら思案中に池田の古称=呉服(クレハ)の里で春を迎えたことに感銘し、名を中国風に松村呉春と改名しました。後に京都・四条に戻った松村呉春は四条派画家の祖として晩成しました。前半は傷心で過ごし、改名までした池田の町で呉春が得たものは大きかったのでしょう。

【銘酒「呉春」の由来】
 呉春特吟の首掛け札に『呉春は池田の酒のこと。呉は池田の古い雅稱「呉服(くれは)の里」に由来し池田のこと。春は唐代の通語にて酒のこと。依って呉春は池田の酒。』と記されていますが、銘酒・呉春の名が松村呉春から由来していることはあまり知られていません。また、呉春は創業が江戸中期の元禄年間(元禄14年(1701年)頃)と云われていますが、呉春の名が使われるようになったのは、天明以降の弘化4年(1847年)頃からと云われています。

【織姫伝説の地=呉服の里】
 「呉服」と書いて誰もが”ゴフク”と読みますが、池田では”クレハ”と読まれ、神社、橋、織姫伝説などがあります。その根元は今から約1700年前の西暦300年頃に中国の呉の国から、織物技術伝承のために渡来した織姫姉妹に由来しています。姉妹の名は姉が呉織媛(クレハトリヒメ)、妹が漢織媛(アヤハトリヒメ ※古事には穴織媛、綾織媛とも記されています。)と言って、応神天皇(第15代:在位270年~310年)に御衣を献上したそうです。後にその功績を讃えた仁徳天皇(第16代:在位313年~399年)が、呉織媛(クレハトリヒメ)に泰下の社(呉織社)現:呉服(クレハ)神社を、漢織媛(アヤハトリヒメ)に泰上の社(穴織社)現:伊居太(イケダ)神社を建立して祀ったそうです。
 また、”呉服”は呉織媛(クレハトリヒメ)から由来する呉服の里にある呉春の現住所は池田市綾羽で、”綾羽”は漢織媛(アヤハトリヒメ)からと二人の織姫の名に由来しているとは興味深い話です。

【呉服の里に現存する最期の池田酒醸造元 呉春】
 呉春は五月山から流れる地下水脈の伏流水を自家井戸より汲み上げて仕込み水として使用しています。その五月山伏流水が、呑み飽きしない五味調和のとれたスッキリタイプの酒質に多大に貢献しています。
 またバブル期に蔵の北(五月山)側にマンション建設計画が浮上し、水脈が途絶えて呉春の酒造りに支障をきたすと愛飲家や住民の反対運動で、計画が中止となった逸話はあまりにも有名です。

【谷崎潤一郎と呉春】
 小説家の谷崎潤一郎と交友のあった呉春の先代社長の西田秀生氏は、何と谷崎潤一郎の代表作「細雪」、「卍」の校正を手伝った仲だそうです。そしていつも酌み交わすのが「呉春」で、谷崎潤一郎の愛飲の酒「呉春」と言われている由縁です。
photo
呉春株式会社  呉春は呉服の里に現存する最期の池田酒醸造元です。以外と知られていない呉春の詳細をご紹介いたします。 
 呉春醸造元の呉春酒造株式会社は大阪府北部にある池田市にあります。池田市はその地形上北側を五月山、西側を猪名川、南側を伊丹(大阪)空港に囲まれた町になっており、今でも中心部の町並みは江戸時代にタイムスリップしたかの様な趣のある建物が数多く残っており、織姫伝説の呉服(クレハ)神社と伊居太(イケダ)神社、松村呉春ゆかりの本養寺などがあります。また、猪名川を挟んで東側が池田市、西側が兵庫県川西市となります。



【大阪北部地震について】
 2018年6月18日 7:58 大阪府北部を震源として発生した 地震について

 6月20日 大雨の日に大阪北部地域、池田市にある酒蔵「呉春」へ行って来ました。「呉春」さんも大きな被害はないとのことでした。
 
 この地震で被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。 引き続き皆様の安全を心よりお祈り申し上げます。
頑なスタイル 呉春シリーズに2009年秋から限定大吟醸がお目見え!

 呉春には、呉春 池田酒(普通酒)、呉春 本丸(本醸造酒)、呉春 特吟(特別吟醸酒)の3種類があります。
また、呉春には一升瓶しかありません。それも通年は3種類のみで上から旧特級酒で大吟醸クラスの「特吟」、旧1級酒で特別本醸造クラスの「本丸」そして旧2級酒で普通酒の「池田酒」です。酒質はクラスに比例しますが「本丸」、「池田酒」も不動の人気酒です。
 そして2009年秋、9月、10月、11月、12月と4ヶ月間のみ蔵出しされる限定大吟醸酒「呉春 大吟醸」が追加発売されました。

呉春 池田酒1800ml

◆大阪のスタンダートな酒

 呉春 池田酒は呑み飽きしないスッキリとした味わいですが、まろやかでほのかに旨味もあり、普通酒とは思えない高品質です。冷やでも燗でもまろやかな風味と旨味を味わえるお酒です。

「食の台所」大阪のスタンダートな酒(呉春 池田酒)はいかがですか?
呉春 池田酒1800ml
1800ml 入荷
  • ■クラス/普通酒
  • ●使用原料米/五百万石
  • ●精米歩合/68%
  • ●日本酒度/+-0 
  • ●酸度/1.3 
  • ●アルコール度/15.0~16.0%
  • ●産地/大阪府池田市
  • ★価格1800ml=1,759円(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◆10月蔵出し分好評入荷しています。

(◆瓶詰日付は2018年10月5日です。)

※常温発送となります。

 

呉春 本丸 本醸造酒 1800ml

◆冷でも燗でも旨い呉春

 呉春 本丸は口当たり滑らかで、呑み飽きしないスッキリタイプですが、ほのかに口中の広がる旨味と余韻も佳いです。
 大阪の酒ってコテコテ(濃い)の感じの酒?と思ってらっしゃる方が多いようですが、「呉春」は軽やかな中にも旨味を秘めたお酒で、日本酒度+-0(甘くもなく、辛くもなく)です。世間で+-0の酒って意外にも無いんですねぇ。まぁ一度呑んでみてください。

「食の台所」大阪の酒(呉春シリーズ)は、以外にも日本酒度が+-0です!
呉春 本丸 本醸造酒 1800ml
1800ml 入荷
  • ■クラス/本醸造酒
  • ●使用原料米/
  • (酒母・麹)=朝日
  • (掛米)=アケボノ、八反錦
  • ●精米歩合/65%
  • ●日本酒度/+-0 
  • ●酸度/1.3 
  • ●アルコール度/15.0~16.0%
  • ●産地/大阪府池田市
  • ★価格1800ml=2,333円(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◆10月蔵出し分好評入荷しています。

(◆瓶詰日付は2018年10月3日です。)

※常温発送となります。

呉春 特吟 (特別吟醸酒) 1800ml

◆特別な呉春

 呉春 特吟は「幻の酒米」と言われて栽培が難しい晩成品種の赤磐雄町を約半分まで磨き低温発酵させて丁寧に造った特別なお酒です。通常二回火入れ大吟醸酒で、新酒を搾った後に一回目の火入れをして、タンク低温熟成させた後、瓶詰時にもう一回(二回目の)火入れをしてから蔵出しされます。

 蔵出し日に取りに行くときはぬくぬくの状態で持ち帰りますので、発送は全て常温発送が望ましいです。

 ホント大阪でも希少品で、当店でも品切れになることもしばしばあるお酒です。チャンスがあれば是非ゲットしてください。

 呉春 特吟は「食の台所」大阪の希少酒なんです!
呉春 特吟 (特別吟醸酒) 1800ml
1800ml 入荷
  • ■クラス/大吟醸酒
  • ●使用原料米/赤磐雄町
  • ●精米歩合/50%
  • ●日本酒度/+-0 
  • ●酸度/1.3 
  • ●アルコール度/16.0~17.0%
  • ●産地/大阪府池田市
  • ★価格1800ml=4,352円(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◆9月蔵出し分好評入荷しています。

(◆瓶詰日付は2018年9月5日です。)

※常温発送となります。

呉春 大吟醸 (限定大吟醸酒) 1800ml

◆年4回限定蔵出しの呉春

2009年秋より追加発売された「呉春 大吟醸」は赤磐雄町を40%精米した大吟醸酒で、既存の「特吟」よりさらに10%も高精白したお酒です。
また、数量に限りがあるため晩秋のみ(9月、10月、11月、12月)の蔵出しです。
是非、赤磐雄町の熟成大吟醸をお楽しみください。

遂に発売された希少酒なんです!
呉春 大吟醸 (限定大吟醸酒) 1800ml
1800ml 予約
  • ■クラス/大吟醸酒
  • ●使用原料米/赤磐雄町
  • ●精米歩合/40%
  • ●日本酒度/+-0 
  • ●酸度/1.3 
  • ●アルコール度/16.0~17.0%
  • ●産地/大阪府・池田市
  • ★価格1800ml=5,370円(税別、送料別)
  • ※お買い物ページで税込価格が表示されます。

晩秋のみ(9月、10月、11月、12月)の4回蔵出し

※メールからのご予約は承っておりません。数量限定品につきご容赦願います。

◆10月蔵出し分 只今ご予約承り中です。

(◆瓶詰日付は2018年10月22日となります。)

※常温発送で発送は10/23~順次とさせていただきます。

営業日

カレンダーマーク1定休日
カレンダーマーク2イベント開催日
ネットでのご注文は年中無休・24時間受付しています。返信メールは9:00~18:00の間で返信させていただきます。定休日は毎週月曜日、他となっています。詳しくはカレンダーをご覧ください。

お支払い方法

銀行振込 郵便振替 代金引換 コンビニ カード

専用箱

1800ml、900ml、750ml、720mlともに3本以下の発送には専用箱が必須となりました。 1800ml、900ml、750ml、720mlを1本~3本、又は3本以下の組み合わせでご注文の場合、ご自宅用でも、破損率が高くなりますので宅急便規格輸送カートンでの発送が必須となりました。4本以上の場合、ダンボール(無償)で発送致します。破損事故防止のためご了承下いますよう宜しくお願い致します。

専用箱価格例

日本酒・焼酎・旭ポンズ
1800ml用
1本用
184円
2本用
281円
3本用
370円
日本酒・焼酎
900ml、750ml、720ml用
1本用
151円
2本用
216円
3本用
309円
※価格は税込みです。

基本の商品梱包について

100サイズが基本サイズです 常温便、クール便とも時の縦×横×高さの合計が100cm以内での発送となります。
1800ml瓶6本、720ml瓶の場合は12本まで=100サイズ
120サイズ適用の場合は 例:1800ml瓶で7~8本=120サイズ+200円加算させていただきます。

送料(税込)

1配送先につき、商品合計¥20,000(税込)以上ご購入いただいた場合、1個口分に限り送料が無料になります。
※申し訳ございませんが、北海道と沖縄のお客様は20,000円(税込)以上から送料半額1,800円→900円(税込)にさせていただきます。
北海道:1,800円東北:990円関東・信越:890円中部・北陸:800円近畿:700円
大阪府下:680円中国:800円四国:800円九州:890円沖縄:1,800円

クール便(税込)料金について

C60・80 720ml:1~3本/1800ml:1本=324円
C100 720ml:4~6本/1800ml:2~3本=324円
C120 720ml:7~12本/1800ml:4~6本=648円
お支払い方法・送料について詳しくはこちら 〉