いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。
「ひょうたん屋トップページ」へ             ■お酒は20歳になってから・・・・・「未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。」               

トップページ本格焼酎ページ>泡盛


お酒のひょうたん屋 本格焼酎 
泡盛焼酎ページ

  和リキュールバナー FAXでのご注文はこちらをクリックして下さい。
ワインバナー 食品・飲料バナー ギフトバナー ビールバナー
芋焼酎 麦焼酎 米焼酎 そば焼酎 黒糖焼酎 酒粕焼酎 しそ焼酎 こんぶ
焼酎
じゃがいも焼酎 栗焼酎 泡盛

■泡盛の歴史 
 泡盛は、15世紀の初めにシャムの国(タイ)より入ったラオロンが祖と言われています。それから泡盛は、琉球の特産品として各国王の贈答品や、江戸の将軍への上納品として重宝されました。琉球王朝時代は、製造も琉球王府管理のもとに厳しく管理され、首里の城下町、崎山、赤田、鳥堀の三箇所のみでしか醸造が許されませんでした。そして、明治時代に琉球から沖縄県になってから、民間でも泡盛が作られるようになり、泡盛酒屋の数も増え現在は、ブームを迎えています。

■泡盛の由来
 琉球から将軍家へ献上された品物の目録をみると、正保元年(1644年)に「焼酒」となっていましたが、寛文11年(1671年)から泡盛酒と呼ばれるようになったことがわかります。元来沖繩では酒のことを「サキ」と呼んでいました。 一説によると粟で「サキ」を造っていたから「粟盛」となり、これがあとに「泡盛」となったと言われます。しかし、東恩納寛惇氏は、前述の「泡盛雑考」の中で、泡盛という名称は原料が粟だったからというよりも泡の形状から出た名称であるとする説の方が穏当のようだと述べています。

■酒税法上は「焼酎乙類」
 また、泡盛は酒税法上「焼酎乙類」に分類されています。原料に米を使用しているので、米焼酎に分類されています。しかし、泡盛と他の米焼酎とは製造上の違いがあります。その違いは、泡盛が全麹の黒麹菌を使うのに対し、米焼酎は白こうじ菌を使用している点。その他、泡盛は通常、原料米にタイ米(インディカ種)を使用している点も大きな違いになっています。
                                                               沖縄県酒造組合連合会HPより参考に

◆泡盛(ネット掲載)商品一覧

 


瑞泉 御酒(うさき)


瑞泉 43度


菊の露


まさひろ


島唄


ヘリオス 蔵


残波