いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。
「ひょうたん屋トップページ」へ             ■お酒は20歳になってから・・・・・「未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。」               

トップページ日本酒ページ>夢衆

夢衆(ゆめしゅう)

大阪・堺の御酒 夢衆
かくれた大阪名物 吟の華(糸うり吟醸酒粕)
夢衆 第三弾 「夢衆 五味からくち」バナー
■夢衆 醸造元(本社):大阪府堺市 有限会社 さかい銘醸

 

★夢衆は平成17年度創醸 大阪・堺に40余年ぶりに誕生した日本で一番新しい酒蔵
 
平成17年4月1日より政令指定都市となった活気に溢れる大阪・堺市に、何と!平成17年度に40余年ぶりに誕生したという日本で一番新しい日本酒の酒蔵((有)さかい銘醸)があります。
 
 『エッ!40余年ぶりということは以前にも酒蔵があったの?』
 そうなんです。実は堺と言えば「刃物」、「鉄砲」とか「商都として栄えた町」というイメージがありますが、以外にも明治の初めから大正の初めまで酒造業が基幹産業で、当時は「灘五郷」に次ぐ規模の銘醸地で、最盛期には酒造業者が95軒あり、生産量6万石(1石約180L=1.8L換算180本なので約1,080万本)を超える量を醸造していました。近年では昭和39年に灘に移転しその後(平成9年)廃業した「金露」が堺で最後の酒造業者でしたので、それから実に41年ぶりの誕生となりました。
 
『そんな銘醸地が何で昭和30年代に衰退したの?』
 
明治の初め、清酒「春駒」醸造元の鳥井駒吉が、日本で初めて清酒を瓶詰めすることを考案して莫大な富を手に入れ、当時の万国博覧会(スペイン)をはじめ世界各国に清酒を輸出し、堺の酒を輸出酒として商圏を広げました。(増石が盛んになる)
 さらに鳥井は吹田に大阪麦酒株式會社(アサヒビールの前身)、阪堺鉄道株式會社(南海鉄道の前身で当初は難波―堺間、その後和歌山まで開通)、有馬鉱泉株式會社(現在、「ありまサイダー」でお馴染みの合資會社有馬八助商店の前身)などを設立しました。
 開国明治の気運で、鳥井に続けとそれぞれもが莫大な富を手にした堺酒造家達は酒造業よりも興業に目を向け、新たに起業したり港湾整備などをしている内に井戸水が枯渇してしまい、廃業せざるを得なくなりましたが、他に起業しているため廃業もステータスだったようです。そして開国明治気運に大正浪漫・・・廃業は一気に進んだようです。
 『何で40年余ぶりに誕生?』
 
(有)さかい銘醸の代表:西條裕三氏は元々は河内長野の蔵元で、約3年前に病気で酒造業界を引退し、幼少期を過ごした堺・浜寺で養生生活をしていましたが、酒造りに対する情熱はやまずでいました。
 一方、堺のまちづくり団体「大小路界隈「夢」倶楽部」では、室町時代から名泉と云われた開口神社境内にある井戸「金龍井」を整備して、近代の堺を支えた酒造業の復活に思いを馳せていましたところ、両者の思いが一致し「酒造りプロジェクト」がスタートしました。
 「酒造りプロジェクト」その酒名は「夢衆」会合衆の気概をもう一度・・・ 「夢衆」裏ラベルより
 
室町時代から戦国時代にかけて「会合衆」と呼ばれる豪商たちが自由と自治を守り、国際貿易都市として栄えた堺は、有数の銘醸地でもありました。しかし、残念なことに現在は一軒の酒蔵も残っていません。酒どころ堺の伝統を継承し、酒造を復興したいという私たちの夢、そして、かつての会合衆の気概にならい、堺に輝きを取り戻そうと街おこしに尽力されている皆様の夢を託して生まれたのが「夢衆」です。
 「酒造りプロジェクト」がスタート 日本初のTTM方式
 現在、(有)さかい銘醸は日本でもたいへん珍しく、例を見ない初年度としては斬新で合理的なTTM方式(←私が名づけました)で日本酒を醸造しています。
 TTM方式とは、私の造語で(Temporary Transfer Manufacture)、つまり「他社に出向して自社ブランドを製造する」の意味です。因みに今流行のOEMは(Original Equipment Manufacture)「他社に自社ブランドで製造してもらう」という意味で、これからアレンジして造語しました。
 さて、話戻りますが今回の(有)さかい銘醸のTTM方式とは、堺市の本社に所属するスタッフを醸造設備のある酒蔵に出向させて酒造りをするというスタイルです。つまり他社の酒蔵(醸造設備・場所)を間借りして、自社ブランドの日本酒を造るということです。 ※なお、近い将来は堺市に蔵を構える予定です。
 「夢衆」の酒質コメント
 
徳島県阿波市の篤農家の手によって育てられた山田錦を用い、米と水だけで醸し上げた特別純米酒です。ふくよかな旨み、豊かなコク、確かな呑みごたえをじっくりとお楽しみ下さい。

◆只今、発売中の「夢衆第三弾」は平成21年2月から発売中の辛口仕立て版「五味からくち」です。


 

夢衆(第三弾) 五味からくち 特別純米酒 1800ml

夢衆 第三弾「夢衆 五味からくち1800ml」

 夢衆第三弾は五味調和のとれた
             辛口酒として完醸!

 
第一弾、二弾と芳醇旨口系で好評を博していた「夢衆」がお色直しして五味調和のとれた辛口仕立てとなって完醸、再登板となりました。その名も「夢衆 五味からくち」!バランスの良い男酒です。 

 五味とは甘辛濃淡香のバランスが程良い出来映えという意味合いです。またこのお酒は冷でも燗でもスッキリと味わえる豪快な味わいとなっています。

(*^ο^) 是非。男前な第三弾をお楽しみ下さい!

■夢衆 (第三弾) クラス/特別純米酒
●使用原料米/(酒母・麹・掛米)=阿波山田錦
●精米歩合/(酒母・麹・掛米)=65%
●日本酒度/+2 ●酸度/1.7 ●アルコール度/15〜16
●産地/発売元:大阪・堺市 (有)さかい銘醸
★価格1800ml=2,381円(税別、送料別)
※お買い物ページで税込価格が表示されます。

◎第三弾 完売いたしました。

■お問い合わせ(フォーム) ■メール ■お買い物ページへ

 

◎夢衆第二弾 平成19年5月〜平成21年1月末まで販売されていました。
■夢衆 (第二弾のデータ) クラス/特別純米酒
●使用原料米/(酒母・麹・掛米)=阿波山田錦
●精米歩合/(酒母・麹・掛米)=65%
●日本酒度/+3 ●酸度/1.4 ●アルコール度/15〜16
●産地/発売元:大阪・堺市 (有)さかい銘醸
★価格1800ml=
2.381(税込2.500円送料別でした。
◎夢衆第一弾は、平成17年10月〜平成19年4月末まで販売されていました。
■夢衆 (第一弾のデータ) クラス/特別純米酒
●使用原料米/(酒母・麹・掛米)=阿波山田錦
●精米歩合/(酒母・麹・掛米)=65%
●日本酒度/+3 ●酸度/1.4 ●アルコール度/16〜17
★価格1800ml=
3.300(税込3.465円送料別でした。

 

糸うり吟醸酒粕 吟の華(ぎんのはな)200g 

糸うり吟醸酒粕 吟の華(ぎんのはな)200g

 香り高くまろやかな風味、
       シャリシャリとした食感・・・
             まさに絶品の味わいです。

■品名/吟醸酒粕(糸うり)
●原材料名/糸うり 
 漬け原材料(酒粕・食塩・砂糖・味醂・その他糖類)
●内容量/200g
●賞味期限/1年(中袋に表示)
●保存方法/冷蔵庫に入れて保存してください。
●発売元/大阪・堺市 (有)さかい銘醸
★価格200g=1,000円(税別、送料別)
※お買い物ページで税込価格が表示されます。


完売いたしました。

 「吟の華」は、選び抜いた糸うりを、最高の酒米といわれる山田錦(阿波産)を用いて醸し上げた吟醸酒の酒粕に漬け込み、じっくり熟成させた吟醸酒粕です。吟醸粕ならではの豊かな旨味と香り高い酒精分を充分に吸収させた芳醇な味わい。糸うり独特のシャリシャリとした食感をお楽しみください。酒粕は日持ちはいたしますが、吟醸粕の風味を損ないますので、なるべく早くお召し上がりくださいませ。

■お問い合わせ(フォーム) ■メール ■お買い物ページへ

 

大阪もん(大阪産品)バナー