いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。いらっしゃいませ! ようこそ「ひょうたん屋」へ こちらをクリックしてトップページもご覧下さい。
「ひょうたん屋トップページ」へ             ■お酒は20歳になってから・・・・・「未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。」               

トップページ日本酒ページ>秀よし 天馬空を駆ける

秀よし 天馬空を駆ける(金瓢)

秀よしロゴ  鈴木酒造店 店構え(玄関)

秋田県仙北郡中仙町長野字二日町九番地   合名会社 鈴木酒造店
 

創業310余年の歴史ある老舗蔵
 『秀よし』醸造元の鈴木酒造店は、秋田県の雪深い内陸部・中仙町にあり、創業は元禄2年(1689)で、県内で最も古い蔵の1つと言われています。そして中仙町で「小京都」として名高い『角館』よりも古く、黒板堀が続く風情ある街並みの中で、ひときわ目を引く風格のある店構えが、歴史の重みを感じさせます。(上写真右:鈴木酒造店 玄関)
 この蔵の歴史の始まりは、江戸時代の初期に伊勢の国からやってきた初代蔵元は、「独翁一歩居士」の戒名が伝わり、「元禄時代以来酒造伝記録」という書物を代々書き繋いでいます。以来310余年の長い歴史を受け継ぐ、老舗中の老舗蔵です。正月の若水汲みの行事、節分行事、造り仕舞行事等と、多くの古き慣わしを今に守り伝えています。
 「秀よし」の銘柄は秋田藩主佐竹侯から拝命した由緒あるもの。宝暦年間に佐竹の殿様が藩内の銘酒を集めて酒競べをしたところ、それまでの御用命酒「清正」より優れていると賞され、戦国武将の主従関係の喩えから、「豊臣秀吉」と「秀でて良し」の2つの意味を併せて「秀よし」の銘を頂いたと伝えられています。酒名の命名からも歴史を感じれます。


 

秀よし 天馬空を駆ける 大吟醸古酒(金瓢) 720ml

秀よし 天馬空を駆ける 大吟醸古酒(金瓢) 720ml

★金の瓢箪の容器に入った大吟醸古酒★
 8年、5年、3年ねかせた、それぞれの大吟醸古酒を微妙な技でブレンドした技術の結晶。まろやかな味わいと深い香りが秀逸。

(*^ο^) 目を奪われるほどきれいな「金瓢箪」の容器に入っています。お味の方も芳醇で香ばしい余韻がなかなかイケます。ご贈答品として最適です。

■クラス/大吟醸
●使用原料米/(酒母・麹)=
山田錦、(掛米)=山田錦
●精米歩合/(酒母・麹)=40%、(掛米)
40%
●日本酒度/+7〜10 ●酸度/1.5〜1.8 
●アルコール度/15〜16%
★産地
秋田県仙北郡中仙町
★価格
720ml=7,800円(税別、送料別)
※お買い物ページで税込価格が表示されます。

■お問い合わせ(フォーム) ■メール ■お買い物ページへ